ニキビ化粧水に良い成分について

ニキビを改善するためには保湿することは必要です。ニキビができている時に化粧水などで保湿しすぎるとかえってニキビによくない気がしますが、保湿はニキビができていてもできていなくても必要なもので、特にニキビが気になる場合は肌に水分を与える保湿が大切です。保湿にはクリームでの方法もありますが、クリームは過剰に皮脂が毛穴に詰まってできるニキビにはさらに油分を与えることになり悪化させることにつながります。そのため水分を与えて保湿するためには化粧水が良い選択なのです。ニキビがある肌に保湿可能なニキビ化粧水は、保湿成分、オイルやアルコールなどが少なめのもので、医薬部外品のものを意識して選びます。
ニキビ化粧水で必要な保湿成分は、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどです。ニキビ化粧水にはアルコールなどが含まれていないタイプを選びます。ニキビは皮脂が過剰に分泌され毛穴に皮脂が詰まって炎症を起こしていることが殆どなのでニキビ化粧水はさっぱりとした使い心地のアルコールが配合されているタイプを選びがちですが、実はアルコール成分は過剰な皮脂分泌をさらに促進することにつながって肌の表面がさっぱりし過ぎることで毛穴の角化などにつながります。
ニキビ肌の場合、皮脂が過剰に分泌しているためそれを取り除こうとしてさっぱりした化粧品を選ぶことがありますが、ニキビ化粧水を選ぶなら保湿効果が高い化粧水でアルコールが含まれていない化粧水を選ぶことで肌のターンオーバーなどが整いニキビも改善していくことが期待できます。