総量規制対象外のカードローンなら夫の収入証明も不要

年収の三分の一までの金額しかお金を貸し出すことが出来ないという総量規制は、貸金業法が適用される消費者金融会社や信販会社などにしか課せられないことになります。
そのため、銀行などの金融機関が提供するカードローンは貸金業法が適用されないので、総量規制の対象外となります。
そのため、収入を得ていない専業主婦であっても、お金が担保なしで借り入れられるようになっている銀行もたくさんあります。
銀行によっては、専業主婦という立場で生計が成り立っていること自体が、ある程度の返済能力があるという考え方で少額の借り入れであれば、夫の収入証明がなくても審査に通過できる場合もあります。
しかし、そういった銀行はまだ少数で、夫の収入証明が不要なのは、ある程度少額の借り入れに限られていることが多いので、前もってインターネットなどで、夫の収入証明が不要である条件を前もって調べておかないと、後になって審査に落ちてしまう可能性があります。
そして、カードローンで借り入れたお金は返済日に遅れないように返済していかないと、夫の収入証明を用意しなくても、結局家族に借金をしていることがばれてしまいますので、しっかりとした返済計画を立てておいた上で、きちんと返していける金額を借り入れる必要があります。
遅れないように、しっかり返済していれば、カードローンは経済的にピンチを救ってくれる、ありがたい味方になってくれるので、上手に付き合っていく必要があります。
おまとめローン審査が通りやすいところはどこ?おすすめはココだ!はこちら